上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は自転車で5分ほど、とても近いお客様宅での出張でした。

終わってから時間があったので、近くの公園で少しのんびりとしました。

平日の午前中はさすがに人も少なく、とても広く感じられました。

青空に眩しいほどの新緑がとても清々しく、

空気を思い切り吸い込んで深呼吸しました。


先月までは桜で楽しませてくれた木々たちも、今は青々とした葉をたくさんつけて
すごく生命力を感じずにはいられません。


こんなわずかな間でもリフレッシュさせてくれるなんて、
本当に自然さまさまです!


スポンサーサイト
2016.05.11 / Top↑
最近のマイブーム。
それは、老後に向けての体力作り(^^;;

テレビで足腰を鍛えて認知症が改善!とか、
90歳を超えてもしなやかな体型の方など。

最近やたらと目にするのが、元気なご老人!

やはり決め手は身体を日々動かしている事。

今の自分の生活を振り返ると、運動ってしてないなぁ(>_<)

何かと言い訳して行動に出れなかったり。

その結果は今の体型というわけで・・・😢

そんな自分を反省し、
そして自分のこれまでの体験と性格から。

1日を100%だとしたら、
1%だけの努力をしよう❗️
と決めました!

毎日1%を続けたら、

1年後にはきっと成果が現れるはず。

いきなりたくさんは無理だけど、
ほんの些細な事なら続けられるはず。

そんなに大げさな事ではないけれど、
今実行しているのが、

「家から保育園までの送り迎えを徒歩で行く事!」

片道約15分ぐらいなので、
往復すると30分。

朝と夕方と二回やると、
全部で60分の運動になるわけです。

まぁそれには時間の余裕が必要になるわけで、、

だから計画的に支度して、
時間が許す限りは徒歩!を続けています。

これには利点があります。
歩くと脳が活性化されるからか、
歩きながらいろいろ考えられます。

しかもひらめきが鋭くなる気がします。

あとポジティブになれます。

朝何となくイライラしていても、
歩いていると、だんだん落ち着いてきて
着いたらスッキリしています。

これは私だけ?

とにかく、今後も続けていくと同時に
他にも体力作りに挑戦したいと思っています。

無理なく少しずつ(*^^*)



2015.12.02 / Top↑
先日は師匠の勉強会でした。

今回のテーマは「軸圧矯正法」。

読んで字のごとく、圧をかけて矯正する方法です。


関節は関節包とよばれる袋に包まれていて、その内側には滑膜(かつまく)があります。

この滑膜からは滑液(かつえき)という液体が分泌されて、潤滑油のような働き

をして、関節の動きを滑らかにしています。

面が滑らかによく動く方法は、圧力をかけながら動かすのがいいそうです。

その作用を活用して、関節を矯正するというやり方を教わりました。

もちろんその前には周りの筋肉をしっかりと緩めることが原則です。

しっかり緩めた後、動きの良くない関節に軸圧でアプローチしていきます。


要は押して回すですが、なかなか難しく習得するのに苦労しました。

弱すぎても強すぎてもダメで、うまくいくと心地よい感じになります。

私も先生にやってもらいましたが、「う〜ん、四十肩予備軍だね」

って言われました(涙)

肩を動かすとゴリゴリ音がしますもの・・・。

今からしっかりセルフマッサージしておかないと、近い将来痛くて腕が上がらないと

泣く羽目になってしまいますね。


日頃から関節はよく回しておきましょー!

2015.10.24 / Top↑
昨日は偏頭痛にお悩みのお客さまを施術しました。

どうやら低気圧になると頭痛になるということで、

前の日は夜中から朝まで大雨で、もう吐き気までしていたそうです。

一人ならなんとか乗り切れるかもですが、家族ましてや子供がいたら・・・。

休もうにもなかなか休めませんよね(涙)


私も時々偏頭痛になりますが、脈を打つたびにズキンズキンと痛む感じは

他のことにも手をつけられないし、本当に厄介な症状です。

天気と頭痛の関係は、低気圧になると圧力が弱まり血管が膨張して神経に触れて

痛みが出るそうです。

あと低気圧の時は地上の酸素がやや薄くなるそうです。

自然と人間は絶妙なバランスで保たれているんだと改めて思いますね。


でも、だからと言って放っておくわけにもいきません。

何度か頭痛持ちの方は施術しましたが、共通する箇所に痛みを訴えられます。

それは、後頭下筋群

後頭下筋群は字のごとく、後頭部の下にある筋肉です。

場所がなかなかわかりづらいかと思われますが、

Unknown.jpeg

バツ印の箇所を少し触るだけですごく痛いとおっしゃいます。

触れるとすごく張っていて、なかなか手強そうです。

自分でも押せますが、決してグリグリと押してはいけません。

少しづつ痛みを見ながら圧を加えていくのです。

そして奥の方までゆっくり圧が染み込むように施術します。


もちろんその他、肩も首も凝ってらっしゃるのでしっかりほぐします。

終わったらスッキリすると言われます。


後頭下筋群が張る原因の多くは長時間下を向くことです。

パソコンやスマホ、家事育児など下を向くことが多い現代。


意識的に上を見上げて少しブレイクしてみてはいかがでしょうか?



2015.10.03 / Top↑
今年の夏、娘は市で開催された小学生のキャンプへ行ってきました。

その際、ブヨかなんかの虫に刺されたらしく、

その箇所が帰ってからもなんだかずっと腫れていて気にしている様子でした。

すると、だんだん腫れていた箇所がイボのように硬くなってきて、本格的にイボになってしまいました。

それが手や脚に4箇所ほどできていて、触ると痛いと言っていました。


皮膚科へ行ったらウイルス性のイボだということで、

ヨクイニン酸エキス「コタロー」という薬をもらってきました。

初めて聞く「コタロー」という名にまず??

なんで人の名前が薬に?

と思わず笑ってしまいましたが、調べてみるとイボの薬では非常に有名らしいです。

ハトムギを原料に作ってあるそうで、ウイルス性のイボにしか効かないみたいです。


娘は薬を飲み始めて数日、少しイボが小さくなりました。

こんなに効くとは!思ってもいませんでした。



私も思春期の真っ只中、肘にイボができ、すごく恥ずかしいし痛いしで悩んだ時がありました。

その時は病院へ行かず、イボコロリをしてみたり糸で縛ってみたりと痛々しい実験をしていましたが、

結局時間が経過していきなり皮が剥けるようにポロポロとなくなってしまいました。

イボって時間が経つとなくなるものなのかぁ〜と思っていました。

その時「コタロー」を飲んでいたら、あんなに悩まずにすんだのになぁ・・・。

と、タイムスリップで教えてあげたいです。


ただ、娘曰くとても苦いらしく、一回につき4錠を必死の思いで飲んでいます。









2015.09.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。