上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、師匠の勉強会がありました。
毎回師匠の知識のすごさに頭が下がる思いです。

今回のテーマは、私たち女性にとって避けては通ることのできない
「更年期症候群」でした。

女性だけではなく、大なり小なり男性にも起こりますが・・・。

人間の体はホルモンの奇跡としか言いようのない微細なバランスで
健康を保たれているのだと改めて感じました。

それで、帰ってからホルモンの事もっと知りたくなり、
ただいまホルモンの本を読みあさっております。

そうしたら真ん中を通っているチャクラの位置と、
ホルモンを分泌する箇所が全く同じというすごい事を知りました。

夜になると眠くなり、その間に分泌される成長ホルモンは
LEDの光など明るい光を浴びると抑制されてしまい、寝不足になる。

今はテレビやパソコン、スマホでガンガン光を浴びています。
大人だけでなく子供も然り。
寝不足になるとイライラしたり集中できなかったりしますね。

あと、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは
脳だけでなく腸で多く造られるという事。

腸の環境を整えると健康になるって最近よく聞きますね。

あいのやの施術メニューでも腹症というお腹のマッサージがあります。
お腹を整える事は、経絡を整える事なり、お腹の中にある自律神経を整えることにもなり
はたまた幸せホルモンが正常に分泌されるという事にもなる!

腹症のすごさを思い知らされる事となりました。

他にも更年期症に対処できる知識と施術法も勉強しました。

近いうち、あいのやでも更年期症に対応できるメニューを作りたいと思います。

私も更年期に手が届く頃ですので、自分のためにもしっかり勉強したいと思います。





スポンサーサイト
2016.10.21 / Top↑
毎日暑い日が続きますね。
台風も毎週続き、蒸し蒸ししたり体にもこたえます、、、。

クーラーにあたりすぎ、冷たいものを摂りすぎなども冷えて
体が逆にだるくなる原因にもなります。

ご自身の体と話し合いながら
ちょうどよくお過ごしくださいね。

私は子供たちの夏休みで時間があるような、ないような。

もうすぐ夏休みも終わるので、またしっかり気を引き締めて
お仕事に集中したいです。


そんな中、9月から調布市の飯野病院さんで出産されたママ向けに
産後ケアプログラムを行わせていただくことになりました。

産後ケアプログラムとは、mamactという団体が主催する活動の一環で、
飯野病院さんで産後ママ向けに、骨盤レッスンやヨガ、ミニコンサートやねんねアートなど
産後の体と心をケアしていくというものです。
https://mamact.com/select/iino-hospital/

その中で、わたくし整体あいのやは月に一回整体とリフレクソロジーをやらせていただきます。

30分という短い時間ですが、少しでもご自身の体と向き合い、
より子育て生活を楽しくできるようお手伝いさせていただきたいと思います。

出産後は、なかなか自分の体の回復もままならない中で
休むことなく繰り返される育児、家事の毎日。

かわいい赤ちゃんとの生活でもちろん幸せでいっぱいなのですが、
寝不足や疲れが積み重なってしまうと、やっぱりどこかに歪みがでてしまいます。

自分の体なんて気にしている場合じゃないわ!
とか、そんな時間は贅沢だわ、、、。

なんて気兼ねしてしまうママも少なくありません。

でも本当はママが笑顔で元気でいてくれることの方が、
赤ちゃんは安心だったりします。

ママが疲れてしまってダウンしたら、泣いている声もうるさいと聞こえてしまう時が
あるかもしれません。

泣き止まない赤ちゃんを抱っこして、
「私だって泣きたいわよ〜!」
と心の中で思うときもあります。

私も実際そうでした。

自分の心に余裕がなかったら、周りにも目が行き届きませんよね。

そんな自分に罪悪感を持ってしまって、責めたりもします。

相談できれば気晴らしにもなりますが、それができないと溜め込んでしまいます。

産後ケアでは、体の気になるところを整体しながら実感してもらい、
そうならないための体の使い方や、ご家庭でもできる解消法などをお教えしたいと同時に、
子育てで困ったこと、悩み中のことなども気兼ねなくお話できたらなと思っています。

たくさんのママと赤ちゃんとの出会いをお待ちしています。







2016.08.24 / Top↑
今日は朝から雨でしたが、師匠の講座の施術モデルをしに行ってきました。

施術モデルとは、先生の生徒さんが講座を受けに来た時に
実際施術しながらやるのですが、その施術を受ける役目なのです。

だから、先生の施術を受けた後、生徒さんの施術も受けて
ここをもっとこう〜など指摘するのです。

これは先生の施術の感覚を体験でき、なおかつ受ける側の気持ちが
わかる願ってもない時間!

今日は1日自分にとっても非常に勉強になる時間でした。


先生の圧のかけ方、姿勢なども一つ一つが貴重で、
自分の施術の反省点も見えました。

今後も今日の反省点をしっかり練習して、
より技術を磨きたいと思います。

それにしても、やはりこのリフレパシー整体は気持ちがいいし
体も軽くなり最高だと改めて思いました。

ぜひ皆さんに体験して欲しいです!


2016.07.15 / Top↑
先日出張整体をご利用いただいた方は、
私が施術をした方で一番最高齢の方でした。

78歳の女性です。

でもつい最近まで北海道まで旅行へ行かれていたり、
とてもお元気な方でした。

でも、現地でたくさん生モノを食されたせいか、
帰ってからお腹の調子がよくないそうでした。

私は腹症という、お腹のマッサージから始め
全身を施術しました。

お腹を触っていくとグルグル〜〜!っと
消化液の動く音がしました。

そして、その音は止まることなく
終わるまでほぼずーっと鳴り止まずでした。

お腹が鳴るのは、体がリラックスしている証拠だそうです。

リラックスすることで、内臓の動きも活発になっていたんだと思います。

お客様もあらあらと照れ笑い(笑)

でも大丈夫!こちらとしてはうれしい音です!


ご高齢の方にも安心して施術を受けられる。

そして、体の弱っている方にもご利用いただけるくらい
優しい力で圧します。

どうぞご心配なくご利用ください!



2016.07.08 / Top↑
今年に入り、1月から始めた医王会の経絡指圧初級講座。
先日修了しました。

経絡指圧とは、世界に指圧を広められた施術家
増永静人さんが長年に渡り研究されて作り出された指圧法です。

海外、主にヨーロッパの方では「ZENSIATSU」というそうです。
海外からわざわざ勉強しに来る方も多いそうで、私が習っている時もギリシャ人の女性が
習いに来ていました。

経絡とは
気血の通り道。

ツボが点なら、経絡は線とでもいいますか。
肉眼では見えませんが、身体中には12本の経絡が足裏から頭頂まで通っています。

その経絡が実(硬い)だったり、虚(力がない)だったりすることが歪みとなります。

その歪みが大きいままだと病気や体調不良など、様々な不調が出てきます。

経絡指圧をで歪んだ経絡を整えることで不調が良くなるという事です。

簡単に説明するとそのような理論なのです。

でもその経絡に響かせる圧し方というのが、
これまた難しいわけです。

その方法が知りたくて今回受講したわけですが、
先生に何度も指摘されながらも、感覚は少しつかめました。

あとはその感覚を実践で身につけていく事になります。


日頃主人や友達に練習台となってもらってます。
ありがたい〜❤️


今後経絡指圧を元に整体に取り入れて行っていきたいと思いますので、
ご縁のある方、どうぞよろしくお願い致します。



2016.03.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。