上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週は珍しく風邪をひいて寝込んでしまいました。

それまで全然元気だったのに、次の日から突然鼻水とくしゃみの連発!
だんだん喉が痛くなってきて動くのもけっこうきつい状態

行きたかった友達の写真展も結局行けず、大人しく家で安静にしていたら
夜からだんだんしんどくなってきて、食欲もなくただただ「もう寝る」
と布団に入ってしまいました。

今更インフル?と頭をよぎりましたが、そんなに熱は出ず一晩汗かいて
次の日もバスソルトを入れてお風呂でじっくりと汗を出して、寝て・・・

と安静安静にすごしておりました。

そんな時に限って土曜日はお仕事が決まっていて、どうしても行かねばならず
必死に回復するようにがんばりました。

なんとか土曜日は仕事も行けて、しかもお二人の施術だったので心配でしたが
ちょっと咳き込みながらも無事に終了しました。

今週はちょっと全快するためにしっかり体を整えて、来月の子供の卒園&入学に向け
体調を整えておかねば!

今日は妊婦検診で赤ちゃんも元気そうだったので、一安心でした。
出産に向けてもホントに気合入れて体作りしなくては!!

母さん体力なさ過ぎ〜
スポンサーサイト
2013.02.25 / Top↑
最近は眠りがとても浅く、いい睡眠がとれないまま朝起きなければいけない。
悪循環に陥っています

眠りが浅いのはもちろん妊娠中の宿命とでもいうべき事なのかもしれません!

赤ちゃんが産まれたら朝も夜もあったもんじゃありません
そのために今から下準備をしている的な事をよく耳にします。

本当かどうかは神様にしかわかりませんが、でもとにかく妊婦は眠りが浅くなります。

夜中に必ずトイレへ行き、朝方には脚の脛がこむら返りにて悶絶
家族が眠っている中、1人布団でこむら返りと格闘している私・・・

ジタバタと脚を伸ばしてみたりマッサージしたり。
想像すると笑いたくなりそうな姿ですが、ほぼ毎日こんなだと大変ですよ、全く

血流の悪さとか冷えとか理由は様々。
でもいろんな方法で試してみて解決策をあみだそう!
と思います。

あ、あと最近借りた本で「うまれる」という本を読んでいます。
出産のドキュメントの映画を撮られた方の本ですが、これから出産をする中で命を育てる事、
出産する事はいろんなキセキが重なって家族になるんだなと改めて思わせてくれた本でした。

その本を読んでからは頻繁にお腹の赤ちゃんに話しかけたり、精神を穏やかに過ごせるように
心がけたり、私の体は今一人の命ではないのだと心に刻みながら過ごしています。




2013.02.17 / Top↑
先月GBS検査をした結果が届いたのですが、残念
陽性反応が出てしまいました。

一度出る人は結構な確率で出るらしく、少々落ち込みました
う〜んがんばりが足りなかったか?

というわけで、結果的にいうと出産のとき細菌が赤ちゃんに感染してしまう事が
なんといっても怖いので、陣痛が始まったら一度病院へ行って点滴を打ってもらい
その後自宅で出産をする。

ということになりました。

陣痛が始まってからそんな点滴をうちに行く余裕があるのだろうか・・・?
と若干心配ですが、移動中とかに生まれたりして〜!!とかもあるし。

でも私の出産履歴をみても結構陣痛始まってから生まれるまで長いので大丈夫かなぁ〜?
なんて楽観視もしております。

まぁ何が起こっても、どこで産もうともそれを受け入れて焦らず対処できたらと思います。

無事に産まれて来てくれる事が一番だし、お腹の中の赤ちゃんに負担がかからないように
出来たらなと思います。

でもやっぱり自宅で家族と一緒に出産を迎えられる事が一番の理想なので、そうなれたら
嬉しいです

7日に助産師さんが家に来てくれて、初めての自宅での検診。

家に来てもらえるってホント体的に楽です。

普段どうりの空気感でいれるから、お友達が家へ遊びに来た感じで話が出来て
リラックスできます。

赤ちゃんも今のところ心拍音も良く、ぐるぐると良く動き元気そうです。
助産師さんが「こんにちは〜」と話しかけながらお腹を触るとポコポコと反応するかのように
動いていました。

体重もまぁまぁ普通とのことで一安心

腰痛もありますが、なぜ痛いのかがだいたい解るので改善出来ます。
こんな時、整体師で良かった〜と思いますね

だいぶ体調も落ち着いてきたので、今までよりもお腹の赤ちゃんとのコミュニケーション作りに
気持ちを心がけて行こうと思います。





2013.02.10 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。