上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年に入り、1月から始めた医王会の経絡指圧初級講座。
先日修了しました。

経絡指圧とは、世界に指圧を広められた施術家
増永静人さんが長年に渡り研究されて作り出された指圧法です。

海外、主にヨーロッパの方では「ZENSIATSU」というそうです。
海外からわざわざ勉強しに来る方も多いそうで、私が習っている時もギリシャ人の女性が
習いに来ていました。

経絡とは
気血の通り道。

ツボが点なら、経絡は線とでもいいますか。
肉眼では見えませんが、身体中には12本の経絡が足裏から頭頂まで通っています。

その経絡が実(硬い)だったり、虚(力がない)だったりすることが歪みとなります。

その歪みが大きいままだと病気や体調不良など、様々な不調が出てきます。

経絡指圧をで歪んだ経絡を整えることで不調が良くなるという事です。

簡単に説明するとそのような理論なのです。

でもその経絡に響かせる圧し方というのが、
これまた難しいわけです。

その方法が知りたくて今回受講したわけですが、
先生に何度も指摘されながらも、感覚は少しつかめました。

あとはその感覚を実践で身につけていく事になります。


日頃主人や友達に練習台となってもらってます。
ありがたい〜❤️


今後経絡指圧を元に整体に取り入れて行っていきたいと思いますので、
ご縁のある方、どうぞよろしくお願い致します。



スポンサーサイト
2016.03.23 / Top↑
少しずつ春が近づいてきましたね。

来週はいよいよ暖かくなるそうです。

嬉しいやら不安やら、、、ですね。

花粉族の私たちにとっては試練の日々です!

自然療法で有名な東城百合子さんの本に
番茶で目を洗ったり、鼻うがいをすると良い

って書いてあったと友達が教えてくれました。

番茶で目を洗うは一度やりましたが、
塩を入れてませんでした。

だからとてもしみていました。

少しぬるめの番茶に塩をひとつまみ入れて、
脱脂綿に含ませ目を蒸し洗いすると良いそうです。

私は小さいコップに入れて、アイボンのようにそのまま目を洗っています。

全くしみないし、気持ちいいです。

そして、鼻うがい。

こちらも塩加減が大事なようです。

一度塩が少なめな時があったのですが、
なんとも鼻の奥にツーーンときまして
不快でした。

丁度いい時は全く違和感なく鼻から喉まで洗えます。

鼻うがいする前は、鼻がつまって息もできないぐらいでしたが、やった後はスースーと鼻の通りが良くなりました!

しばらくは鼻水すら垂れてこず、最高なひと時を過ごせます。

そのうち忘れた頃にまた鼻はつまってくるんですけど(>_<)

そしたらまたやります。

そしてのど飴などマスクしたまま舐め、
蓮根の粉を溶かした番茶を飲み、
経絡体操します。

最近はネットでワセリンを鼻に塗るといいとあります。

今度是非やってみようと思います。

まぁ全て対処方法でしかなく、本来ならば
しっかりと体を整えなければならないのだと
思っています。

なんて毎年言っている気もします(^^;;





2016.03.12 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。