上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ずっとそこに在るものだと思っていたものがいきなりなくなってしまう。

永遠に続くものなんてこの世にはない。


きょうは義理の父母が営んでいるとんかつ屋さんが明日で閉店してしまう
という事で最後に夕飯を食べに行った。

30年も夫婦二人で続けてきたお店。
毎日毎日カツを揚げてはきれいに磨いて店内もすごくきれいに保ってある。

お店をやっている事で子供達の行事にあまり出てあげられなかったとか、
日曜日も遊びに連れて行ってあげられなくて本当に申し訳なかった。

など、いろいろな思いが詰まった30年だったと思うけど30年も続けてこられた
事が本当に素晴らしいと思い、一口一口をありがたくいただきました。

最後はカツ重を食べました。

09250004001.jpg
このカツ重初めて食べたときホントに美味しくて感動したのを覚えています。

お世辞ではなく、ここのカツは本当に美味しかったのです。

よく遊びにいくといつもお土産にメンチカツを揚げて持たせてくれて我が家の大好物でした。

もう二度とこのメンチも食べられないのか・・・
と思うとホントに惜しい、惜し過ぎます。

でも義父母が考えた末に決断した事、誰も何を言ってももう決心は揺るがず・・・
最後は花束を買ってきて「おつかれさまでした」と二人に渡しました。

今度この前を通る時には違うお店になっているんだろうか。

そうやって時代はゆっくり少しずつ変わっていくのだろうな。


スポンサーサイト
2011.09.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ainoya.blog.fc2.com/tb.php/4-02f319ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。